妊娠中には無添加の白髪染めを

 
白髪染めゼミトップページ

白髪染めが妊娠中に母胎に与える影響

妊娠中は、ホルモンのバランスが変化するので、母胎は、とてもデリケートな状態となっています。妊娠前は肌が強かった人でも、妊娠してからのホルモンバランスの影響で、肌荒れが酷くなったり、ニキビが出来やすくなったりする等、体質の変化を感じる人も多くなっています。
通常、白髪染めには、刺激性のある成分が含まれているものが多いので、デリケートな状態となっている妊娠中に使用すると、頭皮にかゆみやかぶれ等のトラブルが出てしまう可能性があるため、白髪染めは控えた方が良いでしょう。
もし、どうしても白髪が気になって仕方がない場合には、体調を見ながら、天然系の低刺激の白髪染めを使用するようにしましょう。

白髪染めが妊娠中に胎児に与える影響

妊娠中に白髪染めを行うと、母胎だけではなく、胎児にも影響が出てしまう場合があります。
これまでに、胎児に対しての重大なリスクは報告されていませんが、刺激性のある成分が含まれているものもあるので、注意が必要となります。
染色液が頭皮に付着すると、頭皮から体内に染色液に含まれている成分が浸透していき、毛細血管内の血液と混ざって胎児まで運んでしまう可能性があります。
胎児は、血液から栄養を補給して成長していくので、血液中に刺激性のある成分が含まれていると、血液を通して胎児に何かしらの影響を与える可能性が出てくるのです。
しかし、最近では、無添加の白髪染めが増えています。妊娠中は無添加で低刺激白髪染めを使用することをおすすめします。



Copyright (C) 白髪染めゼミ All Rights Reserved.